Smashing Pumpkins「メロンコリーそして終わりの無い悲しみ」。オルタナティヴ・ロックの大作!必聴!

オルタナティヴ

本日は、Smashing Pumpkins「Mellon Collie and the Infinite Sadness」を紹介する。

その前に少し…

わたくし、ネオロカビリーバンドのドラムを担当しておりまして、昨日ライヴだったのですよ。
いや~。我々を観に来てくれたお客さんっ。聴いて、身体を揺らしてくれた方々っ。どうもありがとうっ!

我々バンドマンはいつも、お客さんに助けられていると思う。ホントにそう思う。

最高に楽しかったぜっ!

そんな事で、「ああ昨日は楽しかったなぁ」と気分良く一日が始まる。

独自ドメイン(自分専用のURL)というのを取得致しましたんで、このブログのURLを変更する作業に取りかかったわけ。

が、その移行手順を思い切り失敗致しましてね、データ消失?の事態に陥る始末。

わからない事は適当にやるものではありませんねっ!


結局、データは存在してたんで、何とか復旧出来たんだけど、物凄い時間かかったわ。
泣きそうになったものっ(笑)


もし、ブログ移転とかする方いましたら、調べながら慎重にやってねっ。

まあ、こんなに大胆に失敗するの、俺様くらいだろうけどねっ!

ずっこけ具合が半端ない男よ、俺はっ!

そんな事で、上機嫌からどん底に急降下、落差ありすぎっ!
そんなんで、どんよりしてたから、迷惑かけちゃったね、ごめんよファミリー。

で、そういった理由で静と動いった感じの、大好きなレコードを紹介するわ。

Smashing Pumpkins(スマッシング・パンプキンズ)
「Mellon Collie and the Infinite Sadness」
(邦題:メロンコリーそして終わりの無い悲しみ,1995

何と二枚組っ!28曲も収録の大作っ!
一枚目と二枚目でやや雰囲気が違う、面白い作品
一枚目が少しだけメロウな感じだが、二枚目はよりsolidな感じかな。

このバンドも本当に大好きでね、やはり特徴はまず、あまり類を見ない轟音じゃないでしょうかね。

あと物凄く特徴的な響きのBilly Corganの声質美しい旋律大胆な静と動、強力で重厚なリズム隊
…結局全部褒めちゃってるね。

「荒々しくも美しい」
。そんなバンド。


このレコードも、規格外のカッコよさだと俺は思っとるよ。


1枚目の6. Bullet with Butterfly Wings このPV高校の時観て、衝撃受けたんだよな。
「なんだこの音、この世界観は」って感じでね。
静かな場面でのリズム隊の響き。ゾクゾクするぜ!



1枚目の2. Tonight,Tonight.音・映像が凄くこのアルバムの世界観を表してる感じがするね(特に1枚目の)
重厚なバンド・サウンドと美しいバイオリンの調。すぐ虜。


2枚目の1. Where Boys Fear to Tread  動画はライヴ映像。
曲は00:50位から始まる。ダークな曲だ。この轟音とグルーヴ!堪りませんな。
少しメロウな楽曲から、このようなラウドな曲まで、振り幅が大きいのも大きな魅力だ!
勿論、スタジオ盤でもしっかり聴いてもらいたいぜ!


2枚目の9. x.y.u  ライヴ映像。この狂気をはらんだ空気感大胆な展開終盤の大爆発っ!興奮!
本当に多彩な楽曲を生み出す、素晴らしいバンドだ!
スタジオ盤でしっかりとこの曲のグルーヴを聴いていただきたいね。

メロンコリーそして終りのない悲しみ(通常盤)


♬スマッシング・パンプキンズ「メロンコリーそして終わりの無い悲しみ」。楽天市場はこちらから♬

まあ、今日は勝手にミスって、勝手に仕事増やした結果、こんなにも素晴らしい音を再度聴くきっかけになったわっ。
よかったわ(笑)

おかげで、テンション急上昇だわ。ありがとうスマパン!

では、またっ!

※2018年7月30日に公開した記事ですが、必要な文言などを追記、その他の部分も修正。2018年10月24日に再度公開しました。

スポンサード リンク