Thee Michelle Gun Elephant「CASANOVA SNAKE」のレコード レビュー!

ガレージ

Thee Michelle Gun Elephant(ミッシェル・ガン・エレファント)「CASANOVA SNAKE」をレビューするぜ!

が、その前に。
今日もあいにくの雨だ。

俺の「レコード部屋」、湿気むわんむわん。
いつも以上に感じる「レコード臭」。苦手な人なら卒倒だね、これは。

昨日、仕事終わりの話ですがね。
家に帰ったところ、あらら「ファミリー誰も居な~い現象」


家真っ暗。


俺には何も告げず、遊びに行ってたようだな。ずいぶんと謳歌して来たようだな。

まあ、「少しのんびり出来るからいいか」と、思いまして。
「あああ」と言いながらソファーにゴロンと横になった瞬間……ガチャガチャ鍵の音…。

あ~あ。もう「半端」だな~。もう帰って来たわ。

何だよ、も~。居るのか、居ないのかはっきりしてくれよ~苦笑。

若干の上向き矢印が速攻「すーん」と音を立てて下がった後、日常レベルの平坦な感情に。

こんなに湿度高いのに、妙に「乾いた気分」

今日の レビューは、そんな乾いた気分にぴったりの作品だ!

Thee Michelle Gun Elephant(ミッシェル・ガン・エレファント、TMGE)「CASANOVA SNAKE」カサノバ・スネイク、2000)だ!
15曲収録の大作だね。

現在はThe Birthdayで活躍されているVo.チバ ユウスケDr.クハラ カズユキ さん、Ba.ウエノ コウジさん(現the HIATUS,Radio Caroline)、Gt.アベ フトシさんによるバンド。

(アベ フトシ氏は残念ながら2009年に亡くなってしまったな。TMGE解散後は、KOOLOGI(コオロギ)に参加された時、ライヴ観たな。もっといろいろ観たかったな。

そんな、カッコいい4人のガレージ、パブ・ロックの香りプンプンの最強バンド!大好き!

このアルバム、非常にドライな印象を受ける音質と楽曲が多いと俺は感じる。すごい印象的。
かつ、高い攻撃力を併せ持つ。


乾いた男たちの、強烈にシブ・カッコいい、大好きなアルバムだ!


デッド・スター・エンド 導入の「ダ、ダン!」で、アドレナリン全開!
ソロの盛り上がりで鳥肌もの!


リボルバー・ジャンキーズ ワルい男4人による、少し甘酸っぱさと哀愁を帯びた名曲。
カッコいい!


ドロップ シンプルに胸に突き刺さって来る。なんて気持ちにさせてくれるんだ!
まったく、上質な映画のような曲だ。感動!名曲!
そう言えば、映画「青い春」に挿入されてたっけ。

他にも、渋かっこいい曲満載だ!
最高のレコード!是非聴いてみてくれ!

CASANOVA SNAKE

♬Thee Michelle Gun Elephant「Casanova Snake」のCD・アナログレコード。楽天市場はこちらから♬

これ、俺の宝物。Zepp Sapporoに「WORLD PSYCHO BLUES TOUR」を観に行った時もらったプレミアムチケット。
アルバム「GEAR BLUES」(1998)リリース後のツアーだね!

高校生の時観たんだよな、たしか。

ライヴの始まりが待ちきれない聴衆の前に、カッコいいスーツでキメた4人が現れた時の視覚的衝撃!
出て来ただけでカッコいい。

あの興奮は今でも忘れない。ライヴ中も終始興奮が止まらなかったよ!

これからも、大切な思い出だ。

では、また!

スポンサード リンク