Dinosaur Jr. 「Where You Been」!傑作のギターアルバムだ!

オルタナティヴ

今回は、Dinosaur jr.(ダイナソーJr.)「Where You Been」をレビューするぜ!

J・マスシス J. Mascis)を中心として1983年に結成されたオルタナティヴ・ロックバンドだ!
…が、御存知ない方も居るかもしれないな。

NirvanaKurt Cobain(カート・コバーン)「好き、もしくは共感できるバンド」の1つに挙げている様に、その音楽的影響力は大きい。
90’sオルタナティヴ・ロックの重要バンドだ!

その「空虚感」を感じさせるサウンドと楽曲は、唯一無二の偉大なバンドだと思う!

だが、しかし今回のテーマの「Where You Been」。
そういった空気感を併せ持ちながら、

「強烈にかっこいいギター大爆発」の作品となっている。

心から大好きなバンドだ!

はじめに~猛烈にDinosaur Jr.を聴きたくなった訳~

Dinosaur Jr.

はじめに、今回は何故「Dinosaur Jr.」かというお話…


仕事が終わり、自宅に帰りますれば、

「なんで、その数字を足すのー!!問題よく読みなさい!!」

…と「教育ママ」の叫び声。

俺が子供だった頃、怒られながら勉強させられた記憶が、セピア色・細切れで思い出されるぜ。


あ~あ

まあ、夏休みの子供の勉強に熱が入るのはわかるし、俺のやっていない事をやってくれてる訳だからね。
ありがたさも、勿論あるんだけどさ。


仕事から帰った瞬間からか~。


しかも長いな、何時間やるつもりなんだ?(笑)

俺がどうのこうの言える立場ではないんだけどさ。

しかし、このタイミングは、単純に「疲れる」な。

ああ、だめだこりゃ。全然休めないぜ。避難避難~。

2階の自室に籠って、音楽聴くとしよう。それしかねえわ(笑)

そうそう、こんな時に「自分の心身を良い状態に整えてくれるレコード」があるのよね。


そうなんです。
Dinosaur Jr.の楽曲には、「世の中に起こる様々な事象」を、

「…ふ~ん。」

と、思わせてくれる効能があるんですわ。

まあこれ、俺の私見だけどね。

「遠くの怒号」など、なんのそのだ。

「Where You Been」!傑作のギターアルバムだ!

Dinosaur Jr.(ダイナソーJr.)「Where You Been」だ!

「Where You Been」1993,5th

傑作の4th「GREEN MIND」と比べて、この「Where You Been」超強力なギターアルバムという感触がある。

イントロの超かっこいいギター・フレーズ一発で、心を鷲掴みにされる。
そんな、楽曲が詰まった傑作アルバムだ!

Dinosaur Jr.らしい、虚無感を纏った上で強烈なサウンドなのだ。

オルタナティヴ・ロックの必聴アルバムだぜ!

Dinosaur Jr.「Where You Been」収録曲のYouTube動画!

この必聴アルバムの中から、数曲載せるぜ!

Out There


アルバム1曲目で、いきなりコレだぜ!
イントロのギターフレーズ一発で捻じ伏せられる。
何とかっこいい楽曲だ!
この骨太の音と、虚無感のある歌唱とのバランス。
最高だ!

Start Choppin’


ああ。J・マスシスの喉がガラガラ言う声。
ハリがありつつ、ザラザラのギター。広がりある素晴らしいギターソロ。

シンプルかつ、堪らないリズム隊。
すべてが合わさり、絶妙な脱力感とかっこよさ。最高だ。
ポップセンス溢れる素晴らしい楽曲だ!

Get Me


他の収録曲とはまた違った、重みと熱さを感じる。
でも一貫して「遠くの何か」とは違う場所で演っている感じがする。
何と心に響く美しい曲だろう。
しかし、幾重にも変化して迫って来るギター。
堪らん。

What Else Is New?


伸びやかな弾きまくりギター!
そして相変わらずの脱力感。
そして、Dinosaur Jr.ドラムも最高なんだよな。

この曲中でも、それを感じるよ。


本当にかっこいいアルバムだ!
強烈な演奏と楽曲を包む虚無感。

こんな空気を発するバンド・作品はなかなか無いと思う。

「Where You Been」。これは傑作だ!

本作品収録曲以外の動画!

1997年に解散後、2005年に再結成し、現在も活動を続けている。
「Where You Been」収録曲ではないが、一曲!

Tiny


う~ん。年とっても、脱力感健在だな。
見た目もより渋くなって。カッコいいぜ。
「Give A Glimpse Of What Yer Not」(2016)収録だ。 

今度、紹介する事にするぜ!

まとめ

・今回紹介した「Where You Been」は、Dinosaur Jr.の作品の中でも「ギターアルバム」と言えるような作品。強烈なギターフレーズを含んだ楽曲が満載だ。

Dinosaur Jr.らしい虚無的空気感を纏った、強烈な傑作アルバムである。

著者は、今回これを聴き「関係ない世界」に連れて行ってもらった。結果心が少しリフレッシュし、「明日からは、今よりもうちょっと協力してやっていくか」という気持ちになった。

サンキュー。Dinosaur Jr.

※2018年8月16日に公開した記事ですが、必要な文言などを追記、その他の部分も修正。2018年11月20日に再度公開しました。

スポンサード リンク