Dead Kennedys を聴く。鬼の居ぬ間のカツ丼は最高!

オルタナティヴ

昨晩は、職場の歓迎会をやっていただき、ありがたいやら嬉しいやら。
ほんとに、温かい方々でね。楽しかったわ。

で、なかなか街に出れんもんだから、歓迎会終わった後に、古い友人のやっている店に二軒程寄ったりしてね。

ほんと色んな人と話したね。ああ楽しかった!
途中、めんたいロックの話になったから、今度そこらへんも書いてみるとするか。

今日も何やら朝から、ファミリーが騒がしい。響き渡る怒号。あ~あ。
楽しかったものの、身体は疲れてるんだからさ~。休ませてくれよな(苦笑)
そんで、昼に頃「サッカー観に行くから、札幌ドームまで送って」と言い始める。
「はい?さささ、サッカー!?」

因みに俺が知っているサッカー選手は、アルシンドと柱谷くらいだ。
そのくらいサッカーに疎い一家なのだが、急にどうしたんだ?
「コンサドーレ 対 FC東京」を観に行くんだとさ。
まあ、精一杯楽しんで来いや!

ふう。送り終わったわ、鬼の居ぬ間にコンビニの「カツ丼」食おう。
そうなのよ、こういうの食いたいのよ、たまには。
健康的な食事もありがたいんだがね、最近魚が多くてね。
朝ごはん、昼ごはん、夜ごはんではなく、「朝魚、昼魚、夜魚」と俺は呼んでいたもんね。
あ~旨いわ。最高だ。「自由の味」がするな。

よし、次は心おきなく大音量でレコード聴いちゃおう。
破壊力高いのがいいね!絶対これだ!

今日の一枚はDead Kennedys(デッド・ケネディーズ)Fresh Fruit For Rotting Vegetablesだ。(1980年作品、1st)
アメリカの最高にカッコいいパンクバンド。
このバンドのVo.Jello Biafra(ジェロ・ビアフラ)は、元芝居俳優、1979年にはサンフランシスコ市長選に出馬する等々、多くの逸話を持つ強烈な存在だ!


Holiday in Cambodia。最高。
曲により、カントリーの香りが含まれていたり、とても面白いバンドであり、音楽的に物凄~く優れていると感じる。まじで。
ばたばた腕を動かしながら、時には顔芸(笑)で歌うジェロの、最高にクセになるビブラートする声屈折したギターリフと最高のサウンド素晴らしきドラムのフィジカル!
かつ、荒くれ者という感じではなく、知性も感じさせるルックス。
う~ん。やっぱり面白いバンドだな。
ライヴでは、「ハシる」の上等、演奏崩壊ギリギリ(いや崩壊している?笑)。強烈なエネルギーだ!
本当にカッコイイバンドだ!
一生大好き。

Fresh Fruit for Rotting Vegetables

♬Dead kennedys「Fresh Fruit for Rotting Vegetables」のCD・アナログレコード。楽天市場はこちら♬

ジェロ・ビアフラ、俺の大好きなオルタナバンドMelvins(メルヴィンズ)とアルバム出したりしてるんだよな。これも最高にいいんだよね。
また、後日紹介するぜ!

って、つかの間の自由を終わらせるLINEが来たわ。早え~なー。時とは。
「迎えに来て」とさ。
帰りの車中で、「プロってサッカー上手だね」という、超薄~い情報を頂いたわ…ちょうど知りたかった情報だわ…。
コンサドーレ、後半大逆転で勝ったようだね。その点は本当におめでとう。

じゃっ!

スポンサード リンク