ネオ・モッズの名盤!The Jam「In The City」!と、おしゃれなフロアランプ(マルティフロアランプ EN-017)!

インテリア・家電

今日も、男の隠れ家「レコード部屋」で、ちまちまと記事のリライト中だ。
ロック小僧だぜ!

ネオ・モッズ/パンク 必聴の名盤 The Jam(ザ・ジャム)「IN THE CITY」と、超おしゃれな照明「マルティフロアランプ EN-017」を紹介するぜ!!!

The Jam(ザ・ジャム)とは。

今もなお活躍するVo.Gt.Paul Weller(ポール・ウェラー)率いる、イギリスのロックバンドだ(1977~1982)。

デビュー当時Paul wellerは、まだ18歳!恐るべき18歳!

イギリスを席巻していた「パンク・ロック」真っ只中に居ながら、「パンクを内包して」、モッズ(50後半~60年代中盤イギリスの若い労働者に流行した音楽・ファッションとライフスタイル)的バンドとしてデビュー。

ジャンルを「ネオ・モッズ」と紹介されることが多いようだ。

細身スーツに、モッドカット(mod cut)。
まず、見た目からしてカッコいい!
でも、これ真似してカッコよくなる人、ある程度限られるだろうな。

多分、吾輩がやったら、「…どした?」と言われて終了
だろうな。

名盤 The Jam「In The City」!ネオ・モッズの必聴アルバム!

今日のレコード、The Jamの1stアルバムIn the City」(1977)を聴くことにするぜ!
このレコード。「捨て曲無し」の凄い作品だ!
ああ、ジャケット見ただけで痺れちゃうぜ!
吾輩は、常に家のどこかしらに飾っているぜ。

ソリッドでタイトなサウンド、疾走感溢れるビートに、若い怒りをぶつける様な歌唱
非常に熱量のあるパンク・ロック的姿勢を感じさせるアルバムだと思うぜ!
且つ、スタイリッシュなんだぜ!
このバランス。物凄く絶妙だと思う。

初期のThe Jamを聴くなら、まずこのレコード!

ネオ・モッズの幕開けを告げる「名盤」!!!
必聴だ!

後期の作品(R&B色が強くなる)については、また別の機会に紹介するぜ!

名盤 The Jam「In The City」収録曲の動画!

In The City

ギターの激しいピッキングとソリッドなサウンド
若い衝動をぶつける様な歌唱。
胸に来るメロディー、「デヶデヶ」いうタイトなベース、ドラムの疾走感!このルックス&アクション!
もう、最高に興奮!カッコよすぎ!

Away From The Numbers


バンド全員が縦揺れに刻む、胸に来る堪らん楽曲だ。胸キュンだ!
聴く度、感動が止まらんよ!!!最高!

Batman Theme


何というサウンドだ!ワルの音だ!突っ込み気味のビートに、「ギリギリ」いうギターサウンド!
「BATMAN」としか言っていない!
それで十分だ!かっこいい!!!

Sounds From The Street


Paul wellerスタイリッシュな作曲能力大爆発!!!
ソリッドなサウンドパンク的姿勢を保ちながらの、このバランス!!!
天才だろう!かっこ良すぎるぜ!

Art School


タイトル聞いただけで興奮する程大好きな曲だ!
どうですかっ。刺すような鋭利さ!ガンガン前に行く疾走感!

「ぼ~っ」としてたら、置いてかれちゃうよ。


これ程のレコード、世の中にそう無いだろう。

「歴史に残る名盤」だ!!!

全曲通して、聴いてみてくれよな!

おしゃれなフロアランプ「マルティフロアランプ EN-017」!

今日は、朝からファミリーがお出かけ。独り。

「…やったぜー!!!」

そんなことで、「ふんふん」鼻歌を歌いながら、お気に入りマイハウスを掃除しておったわけよ。
ブログと、お掃除大変よ。楽しいけど。


で、改めて思ったんだが。


「…ええ部屋や…」

1F リビング。
お気に入りのインテリアは色々あるんだが、床から「ダダーン!」と立ち上がるコレ!

HERMOSA MARTTI FLOOR LAMP(ハモサ マルティフロアランプ EN-017)!

特においらのお気に入りだ!


いや~。この何とも言えない「工業的デザイン」のおしゃれさ、カッコよさ!

基部が小さく見えると思うけど、重りが入っていて安定しているのよ。

この、脚部の関節なんて、モビルスーツの(ガンダム好きなものでね)装甲剥がしたかのような、インダストリアルな雰囲気!
最高におしゃれかつカッコいい!

計3ヶ所の関節でもって、好きな高さ・照射の角度を調整出来る
のよ。

床にある、円いのが「フット式スイッチ」。足で踏んでON-OFFするわけ。

ちなみに、ウチのEN-017の色はサックスグレー(SAX GRAY)。
無垢材の無骨(ぶこつ)な感じの床に超合うんだわ。


ヘッド(シェード)は大きめなので、

結構広角に照らす事が出来る
機能面もgood
だぜ!

ずーっと大事に使うぜ!おススメ!


これも、インテリアショップBICASA(ビカーサ)で購入したんだったな。
ほんとに御世話になってるな。

インテリアショップBICASAはこちら!他にもお洒落なものいっぱい!

最後に

独り落ち着いた空間で聴くThe Jam最高!

だが、落ち着いて休むつもりが、精神が高揚してしまったぜ!
もうこうなったら仕方ない、他のレコードも色々聴くことにしよう!

Familyよ、もう暫し帰って来るな~(笑)。

アディオス!

※2018年9月2日に公開した記事ですが、必要な文言などを追記、その他の部分も修正。2018年11月4日に再度公開しました。

スポンサード リンク