芝の管理。大量の蚊がブンブン。Black Sabbathを聴く。

アウトドア・祭り

お疲れ。いかがお過ごしかな?
今日は、サボりにサボった芝の管理を、仕事終わりにやったぜ。
今回は芝刈りだ!

例年なら、定期的なエアレーション(根切り)・追肥やら、こまめに芝刈りをするところなんだが。
今年はなかなか手が回らないね。
時間が全く無い訳ではないが、気持ちの余裕というやつかな。…まあ、言い訳だな。
…ごめんよ芝ちゃん。
俺の管理不行きのせいで、禿げ禿げやん。
アルシンドやん。
しかも、ミツバ・スギナだらけやん。
「これからは、もっと大事にするからなっ。悪かったなぁ。あああ…」
と、涙と鼻水とヨダレを流しながら芝と真剣に対話している真っ只中、「ぶ~ん」っていいながら目の前を不愉快にホバリングする黒い
小さい点がい~っぱい!

「大量の蚊」です。
風が弱いから、やつら生き生きしてるんだよな。分かりやすい奴らめ~。

ぶぅ~んん…。とやって来ては、吾輩のおでこやら腕やら背中やらにとまり、口からストローを「ぬ~」っと出してくる。
でも、おいらも負けないぜ~!
奴らが吾輩に着地した瞬間めがけて、炎の平手打ち。
「よしッ!小僧は今、右腕に気を取られてるぞ、今のうちに左肩を攻めろー!」とやって来た別の蚊にも平手打ち。

平手打ち。平手。平っ……。
「全然芝刈り進まねえ!!」
結果、写真の様に暗くなっちまったってわけ。

だんだん腹立ってきたな。だいたい、何なんだよ、「蚊」。
だってさ、
「吾輩が貴重な人生の時間を切り売りして、汗水垂らして働く」「食料・水を得る」「なんやかんやで血液が出来る」という尊い苦労を、ろくすっぽ考えもせずストローを「ぬ~」っと伸ばして来るわけでしょ?しかも無言で。

少しは感謝の辞を述べてから、ストローを伸ばせっ!
せめて、間寛平師匠の様に「血ぃ~、吸ぅ~たろか~。」くらいの前振りをしろ!
腹立つわ~。
おいらはね、どんな小さい生物に対しても真剣に怒るタチなのよ。容赦しないわよ。

…で。なんだよ全く!っと言いつつ、何とか芝刈り終わったから、休みがてらレコード聴くわっ。
しっかし、腹立つわ~。

今日は、Black Sabbath「We Sold Our Soul for Rock’n’Roll」(1975)だ!

アナログ・レコード二枚組で17曲入りだ。
アルバム「Black Sabbath」「Paranoid」(1970)
「Master Of Reality」(1971)
「Black Sabbath Vol.4」(1972)
「Sabbath Bloody Sabbath」(1973),「Sabotage」(1975)
に収録されている名曲がドバっと収められているわけ。優れモノだね。
レコード屋で見つけて、「こりゃいいや!」とデカい声で言いながら購入したわけよ。


Black Sabbath(黒い安息日) 1st「Black Sabbath」の一曲目。
どうですか。雨の音、この空気感。そこからの5分14秒辺りからの展開!最高にカッコいいぜ!

Black Sabbathイギリスの3大ハードロックバンドの一つ。且つ、ヘヴィメタルの源流と言われている。
Vo.Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン)の堪らない声、Tony Iommi(トニー・アイオミ)の天才的ギター・リフ。
美しく、おどろおどろしい世界観。
最高にカッコいいバンドだな。一生聴き続けるなこれは。

もう一曲!


Paranoid 本当に天才的なギターリフだな。そしてPV映像の色彩の素晴らしさ。完璧!

是非、聴いてみてくれよな!

We Sold Our Soul for Rock N Roll (Bonus CD)

Black Sabbath「We Sold Our Soul for Rock’n’Roll」のCD・レコード。楽天市場はこちら。

Black Sabbath最高!
さっきまで「蚊」に腹立ててた事忘れとったわ。有難う!

…あれ?なんか、首の右側腫れてるな。
刺されてるわ。

やっぱ、腹立つわ~!

それじゃ。

スポンサード リンク