ファッションと祭り。恐怖と笑い。良い一日だ。Queenで締めくくるぜ。

アウトドア・祭り

今日は、久々の休日だったぜ。
まさかの夏日!

「夏」のファッションと言えば、Rock小僧的には「ボーリングシャツ」だ!
何やら、ネット上に「スラックスに合わせて、おしゃれに…」みたいなのが乗ってたけど、そんな事しちゃ駄目よ。絶対。

やっぱり基本に忠実に、ジーンズ履いて「アメカジ」だろ。

恐らくは、50年代のThe Swingsterヴィンテージ・ボーリングシャツだ(もっと、よく店主に訊いとけばよかったな)。
残念ながら、タグは取れている。検索すると色違いではあるが、全く同じ特徴を備えたものが出て来た(例えば、袖やポケットのスコアボードテープなど)。

あと、お気に入りポイント。肩の刺繍。
チーム名が「Bears Club」だから、多分「熊」なんだろうけども。
何故か「眉毛」がある「…ダサかっこいい!」
心地よいレーヨンの感触、絶妙な色・デザイン。ボーリングシャツ、ホントに大好きだ!

とか言ってるんだけどさ。ボーリング自体は数える程しかやった事無いんだよね。
昔やった時にさ、スコアボードに「G」がいっぱい表示されたんで、
「Great!!!あんた最高!」って意味だと思いましてね。

「おいっ。そんなに褒めても何も出ねーぞ~。」って照れてたんだけど…。
あれ、「ガタ―だぜ、このガラクタが!」って意味だったんだね…。

最近知ったぜ!あくまで最近。

…ショックだわ。

てな感じで、ボーリングに見放されながらも、ボーリングシャツを着続けるぜ!

ヴィンテージ・ボーリングシャツ。楽天市場はこちら!
ボーリングシャツ。Amazonはこちら!

そして、ビッとキメて、「北海道開拓の村」で開催中の「秋のふるさとまつり」に行って来たわ。

「開拓の村」への入り口と、入ってすぐの雰囲気。ほんわかした風景が広がっている。


旅館(旭川)や、蕎麦屋(小樽)など、開拓者ゆかりの実際にあった建造物が再現されている。


新聞社(小樽)と、病院(古平)。渋いねぇ~。


写真館(岩見沢)と、染物屋(旭川)。レトロ~。大好きな雰囲気!

そして、「いいねぇ~。」と言いながら「染物屋」に入ると…

「怖っ!!!」特に、台所の人形、怖っ! まな板の「トントントン」という音がスピーカーから流れてくるワケ。
も~、趣旨違うわ~。ここだけ何故か人形あるんだわ。

「あ~。ビビったわ~」と、別の所行きますと…


案山子(かかし)。
同じ人形でも、
こんなに「ほんわか」するか。緊張と弛緩だわ。
やっぱり、「へのへのもへじ」タイプがモアベターだ。

施設内の祭り会場に行くと、結構人いっぱい。「こども相撲」なんかもやっててね、盛り上がってたぜ。

無料で、「芋・かぼちゃ」を配っていた。味付け、絶妙な塩加減。旨い!芋って腹膨らむんだな。結構満腹。先人達は、こういうの喰って一生懸命北海道を開拓したんだな、多分。

そして、突然。「男はつらいよ」のテーマが流れたと思ったら、寅さんよろしく粋なおやっさんが登場し、「バナナの叩き売り」開始。

絶妙に、荒さと優しさを兼ね備えた話術で、バンバン笑いを取っていく。すげえな。
バナナの価格は、誕生日(自己申告)の少年0円~おやっさんの言い値の1000円まで。やりたい放題(笑)。
超おもしろい。

いや~。粋なモノ・レトロなモノ・怖いモノを観れて充実。楽しかったぜ。
「秋のふるさとまつり」自体は明日17日(月)までなんだけど、いろんなイベントありそうだから、また行こうっと。
北海道開拓の村HPはこちら。

よし。楽しかった一日の締めくくりにふさわしいレコードを聴くとするか。
Queen「JAZZ」(1978)だ。
天才ヴォーカリスト、フレディ・マーキュリー率いるイギリスのバンドだよね。
目がぐるぐる回りそうな、素敵なアートワークだ。船酔い中の人は凝視するべからず。
内容も勿論素晴らしい!


Don’t Stop Me Now 何たる美しさと爽快感。吾輩の今の気持ち、こんな感じ。かっこよすぎ!


Dead On Time  彼らが時々ぶち込んで来る「ワルの香り」の曲。吾輩こういうのがツボなんだわ。
2分半あたりからの、ワルさ。ぶっ飛び!

「BICYCLE RACE」という曲も載せたかったんだが、理由あってやめとくわ(笑)
堪らない爽快感の良い曲なのよ。
アルバムごと、是非聴いてみてくれ!

Jazz / 2011 Remastered

♬Queen 「JAZZ」のCD・アナログレコード。楽天市場はこちら♬

流石Queen一日の締めくくりに最高であったわ。ぐはははは。
それじゃ!

スポンサード リンク