SLANG(スラング)。「何もしないお前に何がわかる 何もしないお前の何が変わる」そうだよな。本当に、そう思うよ。

パンク

今日は、毎週火曜のバンド練習を終え、これを書いている。
ネオロカビリーバンドのドラム担当をしているのさ。
いつもやる曲も、自分なりに工夫して変化をつけながら、「よりカッコよくなれ」と考えながら演奏して来た。
現在やっているバンドのスタイルは、ネオロカ なんだけどね。
色々記事を書いてるように、自分が「かっこいい」と思うものは何でも聴いて来たのさ。14の頃からね。
まあ、学者の様に小難しい事は語れもしないし、語るつもりも無いけどな!
カッコいいものは、カッコいい。単純にそう思ったものを聴き、勝手に紹介している。

我儘なスタイルは、これから先もそのままに、今夜もレコード紹介するぜ!
だけど、いつもより「真面目」かもしれねえな。

札幌のハードコア・パンクバンド SLANG(スラング)「Apocalypse Now/162 Graves」(2014)だ!
いつも、ややふざけてる俺なんだけどさ「これ」に関しては自然とマジになっちゃうんだよね。
真面目の理由はそれだ。
このレコードには、「何もしないお前に何がわかる 何もしないお前の何が変わる」っていう古い曲がシークレット・トラックとして収録されててさ。
心から大好きなんだよね。


たった1分半少ない言葉数この音充分だ
この曲を聴くとさ、「自分がいかに世間知らずの知ったかぶりで、怠け者であるか。」を、激しく問われている様に感じる。
聴く度に、心が大きく動き、熱く震えてしまう。

eastern youthの曲と同様に、人生の要所要所で思い出す。
確実に影響を受けている

それは「ちっぽけ」かもしれないが、仕事やプライベートでの活動でも「もう少し出来るのでは?」と考えたり、「何かに努力したり、考えを発信したりする人間を、安易に馬鹿にしたり貶めようとする者の愚かさ」を感じたり。そういった折に頭の中でこの曲が流れて来る。
あくまで、個人的解釈の中での話だけどな。皆はどう感じるかな?

冒頭に書いた、バンド練習の時にもこの曲を思い出してね。より良いアンサンブルになるように考えてやって来たってわけよ。
まずは、それも自分にとって「出来る何か」の一つだ。
小さな一歩でいいぜ!毎日積み重ねて行くぜ!

このレコードは、特にスピーカー出力、いつもより大きめで。3曲ぶっ通しで聴いてみてくれよな!
最高だぜ!

Apocalypse Now / 162 Graves

SLANG「Apocalypse Now/162 Graves」のCD。楽天市場はこちらから♬

今宵も最高のレコードを聴くことが出来たぜ。
明日は何をやってやろうか。楽しみだぜ!
おやすみ!

♬KLUB COUNTER ACTION内設立のレーベル「STRAIT UP RECORDS」のHPはこちら♬

♬話題に出て来た、eastern youth「感受性応答セヨ」の記事はこちら♬

♬easternyouth アルバム「叙景ゼロ番地」の記事はこちら♬

スポンサード リンク