海外銀行口座開設で、老後資金の備え。Led Zeppelinの素晴らしいレコードを聴きながら。

ハードロック

どうも。皆さん元気にお過ごしか?
朕は、祝日出勤の代休で、本日休みであったわ。

やはり、多少疲労もあるんだろうかね?
椅子の背もたれに寄りかかると、まだ午前だというのに、まぶたが「ギギ―っ」と降りて来る。
「誰か、突っ張り棒貸してくれ状態。」

「こりゃまずい。せっかくの一日が終わっちまう。」って感じで、早めに用事足しにお出かけ!
アスティ45ビルの「北海道パスポートセンター」に行って、パスポートを受け取って来たぜ!
まあ、可愛い帳面だことっ!
ちなみに、海外旅行の予定など皆無だぜ!
ビーチで浮かれてる余裕など無いぜ!
…じゃあ、何故パスポートが必要なのかって?

「ちみ。いい質問だねっ。」

「海外銀行口座開設」に必要になって来るんだよね(場合によっては、その他の住所を証明出来る書類も必要)。
間違いなく日本国籍の人間である証明が必要なわけよ。

なぜ、海外銀行口座の開設をするのかって?

「これまた、いい質問だねっ。冴えてるね、ちみ。」

日本の銀行の金利は残念ながら、「世界に比べて低い状況」なわけだわな。
「雀の涙」程度の預金だが、金利ほぼゼロの所よりも、金利がより高い海外銀行を探して預金したいと思うのが人情ってもんでしょうよ。え~っ!!

…はい。ここで伝書鳩が来たんで、質問ハガキコーナー!

・当方、60歳定年夫婦二人世帯です。年金収入以外に必要な老後資金の概算はいくら位でしょうか?

ずばりお答えしましょう!
年金以外に「3000万円」程度の蓄えが必要です…。

現状、定年は概ね65歳程度になったし、より長く働く場合もあるよね。各々の生活水準、寿命にもよるけどね。
しかして言える事は、「老後はそんなに甘くない」と言うことだわな。

この度の、海外銀行への預金というのも、その一環というわけさ。

ただまあ。こんな事ばっかり考えてたら、「心まで貧しくな~る現象」に陥る場合があるから、程々にだけどな(笑)。
少しずつ対策打っていくのが、良いような気がするな。


よし!パスポート出来たから、「ぱ~っと」カリブ海にでも行ってみようかしら。

…違うな。

ヨシ!気を取り直してレコードをかけよう!
Led Zeppelin「Led Zeppelin Ⅳ」(1971)だ!

三大ハードロックバンドの一つ(他に、Deep Purple,Black Sabbath)。大体誰もが知っている、イギリスの偉大なロックバンドだよな。お爺さんが薪を背負っとるわ。朕も薪背負える位、健康維持しとかないとな。
…もう!また老後を連想させるじゃないの! 笑

でも、冗談さておいて、とても良いアートワークだな!


Black Dog Vo.Robert Plant(ロバート・プラント)の歌い出しと、Gt.Jimmy Page(ジミ―・ペイジ)の天才的ギターリフ1発で速攻ノックアウト!


Rock and Roll  Dr.John Bonham(ジョン・ボーナム,「ボンゾ」)が叩く、イントロのドラムフレーズが印象的だ。カッコよい!
Blankey Jet City「DIJのピストル」。イントロのドラムフレーズは恐らくこのオマージュなんだろうな。そんな風に感じる。

かっこいいぜ!是非聴いてみてくれよな!

Led Zeppelin IV [REMASTERED ORIGINAL1CD]


♬Led Zeppelinの「Led Zeppelin ?」のCD・アナログレコード。楽天市場はこちら♬

Led Zeppelin、数々の名盤をリリースしているから、今後も追々紹介して行くぜ!

ドラマーとしては、John BonhamのSoloなんかは是非載せたいところだったんだが、公式動画が無かったぜ。残念だ!

また!

♬三大ハードロックバンドの一つ「Black Sabbath」の記事はこちら♬

スポンサード リンク