名盤 Supergrass 「I Should Coco」。GEORGE COXのラバーソールを踏み鳴らして聴きたいものです。

オルタナティヴ

今回は…

Supergrass(スーパーグラス)の名盤アルバム「I Should Coco」

・不良少年のアイコン「GEORGE COXのラバーソール」

…の紹介でございます。

はじめに

こんばんわ。「埴輪」で御座います。背景をカラフルに構えてみました。
御主人様は、「人生で2度来るチャンスの1度目が来た! きえええええ!」

…と、奇声をあげながら出掛けて行ってしまいましたので、わたくしが担当させて頂きます。

今夜はSupergrass(スーパーグラス)「I Should Coco」をレビューさせて頂きます。

押しつけがましい表現で申し訳ありませんが、

このレコードは間違いなく「名盤」だと存じます。

「I Should Coco」と聞くだけで、私の頭部の埴(はに 粘土)は浮き上がり、若干「ぼろっ」と崩れます

ですから、軽はずみに言わないで下さい。宜しくお願いいたします。

名盤!Supergrass「I Should Coco」!

Supergrassは、イギリスのロックバンドでございます。(1993~2010)

上質な英国らしいポップセンスと強烈なエネルギーの共存。
本作発表当時、Vo.Gaz Coombes ギャズ・クームスは何と19歳程‼

若さと攻撃性を内包
した、物凄い作品だと感じます。

捨て曲無しの「名盤」です。

名盤「I Should Coco」収録曲のYouTube動画!

動画を数曲紹介しますが、文字通り「捨て曲無し」で御座います。
本当に驚愕のアルバムです。

この、Supergrass
「怪物」で御座います。

Mansize Rooster


弾ける様なポップさと、やんちゃな歌唱。
卓越した歯切れの良いギターと、うねるベース
やや粗暴な疾走感のあるドラム

至極の喜びで御座います。

Caught By The Fuzz


英国の格好の良い曲は?
…と問われれば、Radiohead「Creep」と、この「Caught By The Fuzz」をまず私は挙げます。
特にアルバム内で、この曲だけ音質が「粗め」に作られていると感じます。
意図が感じられます。
ダイナミズムと猛烈な哀愁を感じます。心を鷲掴みにされてしまいます。

Sitting Up Straight


導入から一変の急加速。
タイトで疾走感溢れる楽曲で御座います。
何とキレのあるギターでしょう。

そして、猛烈にキャッチ―なサビでまとめ上げられる。
恐るべき、上質な楽曲で御座います。


この様に、とても素晴らしい曲が収録されております。
このアルバムの質の高さには、心から驚愕しまいます。
ぜひとも、お聴きになって下さい。

I Should Coco / Supergrass


♬Supergrass「I Should Coco」のCD。楽天市場はこちらでございます♬

怪物バンド「Supergrass」のライヴ映像!

Supergrassのライヴ映像(1995)を載せておきます。
名盤「I Should Coco」の名曲達が、より激しく堪能できる素晴らしい映像です!


不良のアイコン「GEORGE COX」のラバーソール!

もう一つ紹介したいものがございます。
GEORGE COX(ジョージ・コックス)ラバーソールです。

英国製。非常に厚いゴム底の革靴であります。

1949~の深い歴史があり、いつの時代も「不良少年のアイコン」でございます。

3588「ホワイトレザー ブラックインターレース」

英国製でございます。

写真の物は、3588「ホワイトレザー ブラックインターレース」です。
非常にオーソドックスなモデルです。


様々な色があり、尖りタイプやハイカット、(紐では無く)ストラップタイプ等 バリエーションが豊富であります。

英国ロック、パンクや、ロカビリーの御用達で御座いますが、好きなように取り入れたら良いのではないかと思います。

因みに、御主人様はアメリカン・カジュアルスタイルですが、英国のジャケットスタイルも勿論格好良いでしょう。

アメカジスタイルの御主人様

「実寸26.5cmの足だと、UK Size7で丁度良いぞ~!」

「あらかじめ冬用のすべり止めを底に貼っておくと、ソールの減りを防止できるぞ~!」

…と、小僧様は寝言で言っておりました。


名盤Supergrass「I Should Coco」を聴きながら、GEORGE COX「ラバーソール」を踏み鳴らすのも楽しいのではないでしょうか。

~GEORGE COX「ラバーソール」。Amazonはこちら~

~GEORGE COX「ラバーソール」。楽天市場はこちら~

おわりに~埴輪のぼやき~

わたくしも、ラバーソールを履きたいところなのですが、
残念ながら…

「あらかじめ靴が足部に固定」
されている上に、
「台座にも固定」されておるのです…

バリバリです。

バリバリの埴輪

皆さんは、好きなものを履けて良いですね…
「自由」という言葉に、尊さと儚さを感じます。

それでは、またの日にお会いしましょう。

♬話題に出て来た、Radioheadの記事はこちら。♬

♬話題に出て来た、ロカビリーとStraycatsの記事はこちら♬

※2018年10月4日に公開した記事ですが、必要な文言などを追記し、その他の部分も修正。2018年12月21日に再度公開しました。

スポンサード リンク