Motorhead「Ace of Spades」!を聴きながら、レザージャケットのお手入れ!

アウトドア・祭り

今回は、Motorhead(モーターヘッド)「Ace of Spades」だ!!!
ハードコア・パンク/スラッシュ・メタルが認識される前から、そういったサウンドを出してきたバンド。
つまりは、それらのジャンルのルーツとなる偉大なバンドだ!

その前に…


(当時)台風25号。温帯低気圧になりましたな。
そんな折、昨日から先程まで、キャンプだったんですわ。

当然、「全編 豪雨」だわよ。

日頃の行いの良さと、天気は「正比例」しねえんだな。
どうなってるんだ、全く。

今回行ったキャンプ場は近場、「札幌市定山渓 自然の村」だぜ!
しっかり整備された、良いキャンプ場だったぜ。

雨の「定山渓 自然の村」

雨やん…。弱まった時パシャリ。晴れてれば、より最高だったんだが。

 

ゲル「おとめ」

ゲル「おとめ」夜エディション

男女、子供わんさかで行って来たぜ。そして、部屋割の関係でおっさん2人に与えられた「ゲル」。
しかし、おっさん2人で…「おとめ」て…。

 

ゲルの中は「広々」!

バーベキュースペース付きの炊事場

ゲルの中は広々。大人6人位居てもまだ余裕じゃねえかな?

ストーブ完備。
「暑いくらい!」。
申し分なし!

(我々は使わなかったが)バーベキュースペースのある炊事場の棟や、綺麗な共用トイレがあったり。
非常に利用しやすい!

他の参加家族の持ってきた、タープ2コ連結で、常時降り注ぐ雨を避けながら、バーベキュー。

これはこれで、楽しいキャンプだな。

世の中に、屋根がある意味がわかったわ。

「I LOVE 屋根。」

でも、色々作業するうち、結局「超ビチャビチャ」ね。

「屋根の限界。壁プリーズ。」


だがしか~し。

ワイルドな漢は雨の中でも「レザージャケットだぜ!」

キャンプ時の吾輩のユニフォームなわけよ。

結果的には、始めは弾いてた雨も、最終的には革に浸み込み「ぐにゃんぐにゃん」。
そりゃそうだ。

「レザーは雨で痛む」

が一般的で、間違っていないと思うが、
このレザージャケットは「やや荒く扱う」がコンセプトだから、良いのだ!

でも、今回ばかりはやり過ぎた!

濡れたレザージャケット(その他レザーアイテム)の手入れ

雨に濡れたDEGNER(デグナー)のレザージャケット

何たるカッコいいレザージャケットだ!
茶芯が出て最高のエイジングだ!

が、今回ばかりは完全に水が浸み込んでいる!
その他、数点のレザーアイテムも全て水浸し!

コロンブス レザークリスタル100

あまりに濡れ過ぎた時には、さすがにひと手間加え「手入れ」をしているぜ。
例えば、「コロンブス レザークリスタル100」だ!

メキシコ産ホホバオイル配合。有機溶剤・シリコンが入っておらず、嫌な臭い無し!

付属品のスポンジ付き。レザーへのなじみ・延びが良い!

最高!

コロンブス 保革クリーム ツヤ出し レザークリスタル100 100g


濡れたレザーは、風通しの良い日陰、自然乾燥が基本。(ドライヤ―とか、熱は禁物!)
完全に乾く前にオイルを薄く塗ると保革に良いと言われてるわけ(経験的にもそう思うよ)。あくまで薄くね!

「RED MOON」のメディスンバッグ(びしょ濡れ)

コロンブス レザークリスタル100を塗る

お気に入りの、REDMOON(レッドムーン)のメディスンバッグ。乾ききる前に、オイルを薄く伸ばす!

 

Flat Headのウォレットコード(びしょ濡れ)

オイル塗布後のレザージャケット

Flat Head(フラットヘッド)のウォレット・コードにも!
DEGNER(デグナー)のレザージャケット、オイル塗布後。
「喜んでいる」のを感じるぜ!


その後、乾いた後も革が固くならず、今も最高の状態を保っているぜ!
お薦めだ。

レザーアイテムの手入れしながら、爆音で聴くロック。最高!
今日はMotorhead(モーターヘッド)「Ace of Spades」(1980)だ!

ACE OF SPADES

 

Motorhead(モーターヘッド)とは?

ロック・ミュージシャンの象徴的存在。影響を受けたと公言するバンドは数知れない。

Vo.Ba.Lemmy Kilmisterレミー・キルミスター、2015年没)率いる、イギリスのロックバンド(1975~)。

Motorhead

かなり歪ませたベースの音質でコード弾きを用いる。結果、物凄い突進力・攻撃力が生まれる。

大音量かつハイスピードの爆走型ロックンロールをその音楽性の軸として活動しており、スラッシュメタル、ハードコア・パンクなどが出現する遥か以前から、それらの音楽性を包括するサウンドを展開してきた。
(中略)
モーターヘッドのスタイルを作り上げてきた中心人物であるレミーは、一貫してロックンロール・バンドであると主張しており、1987年のアルバム『Rock ‘n’ Roll』も意識して付けたタイトルだと述べている。
世間一般がモーターヘッドのサウンドを「ヘヴィメタル」「スピードメタル」などにカテゴライズすることを好ましく思っておらず、「ヘヴィメタルよりむしろパンクの方により親近感が湧く」「ダムドとは共通の美意識を持っているが、ブラック・サバスや、増してやジューダス・プリーストにはそんなもの感じない」とも述べている。

引用元:Wikipedia

パンク・ロック大好きの著者にとっても、避けては通れぬ存在だ。
とてつもなくかっこいいサウンドを放つ偉大なバンドだ!

余談だが、Lemmyは、大酒呑みとも知られており、「酒が抜けている時は無い」という噂がある。
ラムコークが大好きらしいが、一般的な「ラムのコーラ割り」ではなく、「コーラのラム割り」だったらしい。

豪快だ!

Motorhead「Ace of Spades」!必聴レコードだ!

「Ace of Spades」1980,4thアルバム

ジャケットから、もう堪らん!

爆走型ロックンロール」…その通りだ!
R&Bを基調としたロックに感じるが、そのサウンドは無理やりジャンルに当てはめるのは困難だし、無意味だ。

これは、「Motorhead」という音楽だ。

「ワイルド」

「疾走感」

「漢の音楽」

興奮無くして聴くことは不可能だ。
本当に、聴く度に痺れるぜ。

必聴のレコードだ!

必聴レコード「Ace of Spades」収録曲のYouTube動画!

本作品の収録曲を、数曲載せるぜ!

Ace of Spades


イントロ。Lemmy(レミー)の掻き鳴らすベース音。
もうダメ!シビレる!許して!

凝ったメロディアスな歌も良いのだろうが、この歌唱。
これでいい!これがいい!

物凄い突進力!巨大なエネルギーの塊だ!

Love Me Like A Reptile


どうですか。楽曲のかっこよさは勿論、この風貌。
漢の中の漢でしょ!
そして、肝心の楽曲。なんで、こんなカッコいい曲作れるんだ!?
このメロディーの持つ高揚感。
一体何なんだ!?

Fast And Loose


リフ一発で、ノックアウトだわ。
多彩な展開から、主旋律に戻る瞬間の興奮!
そして、Lemmyの声の響き。

最高としか言いようがない。

Please Don’t Touch


Girlschool(1975~)と演る、JOHNNY KIDD&THE PIRATESのカヴァー曲だ。
このサウンドにして、このチョイス!
こういった所からも勝手に、パンクの源流 パブ・ロックへの敬意なんかも感じたりする。
「Motorhead」ますます魅力的なバンドだ!
大好きだ!


びしょ濡れの楽しいキャンプを経て、大好きなレザーグッズに触れながら、最高のレコードを堪能したぜ!
幸せな時間だったぜ!

Motorhead
「Ace of Spades」
一枚まるまる聴いてみてくれよな!

まとめ

あまりにも濡れたレザーグッズは、乾く前にオイルで手入れしましょう。コロンブス レザークリスタル100がお勧め!

Motorheadの音楽をあえて分類するならば、それは「Motorhead」だ!

「Ace of Spades」は、ワイルドな漢達が残した極上の爆走型ロックの詰まった必聴レコードだ!

※2018年10月7日に公開した記事ですが、必要な文言などを追記、その他の部分も修正。2018年11月30日に再度公開しました。

スポンサード リンク