パンク・ロックの名盤!ZERO BOYS 「Vicious Circle」。捨て曲無しの必聴アルバム!

パンク

今日のレコード レビューは、ZERO BOYS(ゼロ・ボーイズ)「Vicious Circle」(1982)だ。
先に言うけど、間違いなく名盤だ。

あまり御存知の人が居ない可能性がある、この「ZERO BOYS」
こんなにカッコいいのに、周りに知っている人が殆ど居ない!

「謎だ」

「ZERO BOYS」ハードコア・パンクの伝説的バンド!

「ZERO BOYS」は、Sex Pistols(セックス・ピストルズ)に触発を受けて、アメリカ インディアナポリスという所で結成される(1979)。

初期は、まるでRamones(ラモーンズ)のような、どちらかと言うと素朴でストレートな音楽性であった。
それも勿論かっこいいんだけどね。

しかし本作品では、楽曲によってはその香りを残しながら、見事にハードコア化しているわけ。

語弊があるかもしれないが、
ハードコア・パンクにしては…

「音質が良く、まとまった演奏。」

「しっかりとした展開を持った楽曲。」

…を聴かせている所が非常に面白いバンドだと思う。

「かつ、ハードコア・パンクの攻撃性と両立しながらだ!!!」

こうして話題に挙げている段階で、もうすでに頭の中で楽曲が流れているぜ。

もう我慢出来ない!
オーディオ爆音で記事を書き進めるとするぜ!

パンク・ロックの名盤!ZERO BOYS「Vicious Circle」は必聴だ!

ジャケットのアートワーク!
この時点で、物凄くかっこいいぜ!

タイトなドラムに乗っかり、多彩なベース・ラインと突き刺さるようなギターが「グワングワン」ユニゾンしながら、襲い掛かって来る!

矢継ぎ早に攻撃的だったり、物凄いポップセンスのメロディーを聴かせたりするPaul Mahern(ポール・マハーン)の歌唱!

これも、初めからハードコア・パンクバンドでは無かった事が活きているのかもしれないな。

そんなZERO BOYS「Vicious Circle」
真にカッコいいハードコア・パンクを聴かせてくれる!!!

必聴の名盤!ZERO BOYS「Vicious Circle」収録曲のYouTube動画!

Vicious Circle


この曲で幕を開ける本作品。上がり下がりする旋律の摩訶不思議な楽曲。
速いぜ~!しかし、その上で「良い音」「まとまった演奏」!
踵浮かせて構えてないと、置いて行かれるぜ~!

Civilization’s Dying


ガンガン突き進む8ビートと攻撃性!
しっかりとした楽曲の展開と、ポップセンスがキラリと光る素晴らしいサビ!
かっこいいっす!
動画、ライヴ映像だけど演奏しっかりしてるでしょ?

New Generation


前のめりだ!「ガンガン」力押しで終わっても十分カッコいい曲だと思う。
しかし、そこはZERO BOYS。さりげなく堪らない展開を挟んで来る!最高だ!

Charlie’s Place


ギターによる不思議な導入の後、こう来るか!!!
弦楽器のユニゾンと、そのリフによって、音質は軽いのに重厚な曲に仕上がっている。
かっこいい!!!

Amphetamine Addiction


 暴力性とポップセンスの大爆発!ギター弾きまくり!
どんどん牽引されて、手に汗握る1分強!(勿論、スタジオ盤音源の感想ね)
動画は、けっこう最近のライヴ映像だな。これからも、猛烈な熱量と抜群の作曲センスを感じられるぜ。


改めてじっくり聴いたZERO BOYS「Vicious Circle」
やっぱり、凄いアルバムだ!全曲、捨て曲無し!!!
こんな作品、なかなか無いんじゃないか?

「名盤だ!」

俺持ってるのは、CD盤なんだけど、改めてアナログ・レコード盤を購入する事に決定!

まとめ

・見事にハードコア化した、このZERO BOYS「Vicious Circle」。伝説的名盤だ!

・ジャケットのアートワークを含めて、男の部屋に飾っておきたい一枚だ!いつものレコード部屋が、よりカッコいい空間になる事請け合い!

是非聴いてみてくれ!!!

♬話題に出て来た「Ramones」の記事はこちら(2記事あり)♬

スポンサード リンク