名盤。Nirvana「BLEACH」。カート・コバーンが遺した、真のオルタナティヴ・ロックだ!

オルタナティヴ

今日は、Nirvana「BLEACH」を紹介するぜ!

誰もが知るメガヒット作品となり、何やら賛否両論ある2nd「NEVERMIND」

それ以前に、インディーズレーベルで発表された、デビューアルバム「BLEACH」
これが、強烈にかっこいいんだ!

因みに俺は、「NEVERMIND」も素晴らしいアルバムだと思うけどね。

皆が知っている「NEVERMIND」1991,2nd

Nirvana(ニルヴァーナ)とは

アメリカのオルタナティヴ・ロックバンドだ。(1987~1994)

主なメンバーは…

Vo.Gt.カート・コバーン(Kurt Cobain)
Ba.クリス・ノヴォセリック(Krist Novoselic)
Dr.デイヴ・グロール(Dave Grohl)

他にも、アルバムに参加したドラマー達や、Gt.パット・スメア(Pat Smear,元The Germs、現Foo Fighiters)が居る。

1987年、米ワシントン州アバディーンで結成されたロック・バンド。89年にシングル「ラヴ・バズ」でデビュー。その後〈ゲフィン〉へ移籍し、91年に2ndアルバム『ネヴァーマインド』を発表。パンキッシュなアティテュードを込めた詞と中低音域のヘヴィなサウンドは当時のメインストリームのセオリーを無視した作風だったが、1stシングル「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」のヒットに呼応して全米1位を獲得。一躍トップ・バンドとなるだけでなく、世界中にグランジ・ブームを巻き起こす。

引用:Wikipedia

今一つ定義のはっきりしない「グランジ」「オルタナティヴ・ロック」の火付け役と評される。
グランジィ(ダーティーで醜い音)オルタナティヴ(商業主義ではない反主流の音楽)と意味合いで理解しておくと分かりやすいのかもしれないな。


NirvanaのVo.Gt.カート・コバーンは、1994年に27歳の若さで亡くなっている。

遺書が公開されている。
理由について、恐らく核心に近いんだろうなという説明が多々ある。

しかし、あくまで他者が読み解いた事だ。
故に、その内容は書かない。

その人の気持ちは、結局のところ本人にしかわからない。

ただ言える事は、世界は偉大なミュージシャンを一人失ったという事だ。


数々の素晴らしいロックバンドに触れて来た。
各々に、素晴らしさがある。

その中で、このNirvanaはロックの王道に対峙した、正に「オルタナティヴ・ロックバンド」だったのだろう。

大好きだ。

Nirvana解散後、Ba.クリスは「Sweet75」、Dr.デイヴは「Foo Fighters」を結成している。

「Sweet75」1997

「Foo Fighters」1995

Nirvana「BLEACH」!オルタナティヴ・ロックの名盤!

「Bleach」1989,デビューアルバム

ミドルテンポでヘヴィーな破壊力満点の楽曲目白押し。

俺の大好きな「Black Flag」「Melvins」の香りプンプンだ。

大衆ウケする、耳障りの良い「無味・無臭」な楽曲は殆ど無いと思う。

Black Flag

Melvins

「Black Flag」や「Melvins」の香りがするのは恐らく当然なんだわな。

カートやクリスは熱烈なMelvinsファンだ。
そして、「Bleach」にはMelvinsのDr.デイル・クローヴァー(Dale Crover)も数曲参加している。

80年代にBlack Flagが放った、「メタル的要素を内包した、遅くヘヴィーなハードコア・パンク」。
これに、Melvinsは影響を受けている。
カートもBlack Flagを「好きもしくは共感できるバンド」と公言している。

「地を這うように轟くサウンド」

「退廃的な空気感」

「突如現れる、堪らないリフ」

「後の作品で大爆発するポップセンスの片鱗」

非常に優れたアルバムだと思う。

攻撃的ではあるが、音質が粗い訳ではない。むしろ綺麗だ。

カート・コバーンが遺した名盤だと思う。

すげえよ、このアルバム。

Nirvana「Bleach」収録曲のYouTube動画!

この、オルタナティヴ・ロックの名盤「BLEACH」から、数曲載せるぜ!

Blew


収録1曲目。早速、退廃的な「危険な香り」。
歌メロディーとギターのかっこいいユニゾン!堪らない。
カート。本当にかっこいいギターを弾くぜ。

School


ぐちゃぐちゃに、激しくかき回される。
カートの叫びのかっこよさ。
かつ、伸びやかなポップセンスを感じる歌唱も飛び出す。
凄い曲だ!

Paper Cuts


曲が進行し1:30辺りからの展開。堪らん!
なんてかっこいいリフだ!
鬼気迫るカートのシャウト。
何て、邪悪な響きだ!

Love Buzz


印象的なフレーズを繰り返しながら、徐々に変化して行く。
空間の香りが変わる。そんな楽曲。

この曲でも、カートの高いポップセンスの片鱗が見える。
ギターを振り回しながら、ノイジーに掻き鳴らすカートの姿が目に浮かぶ。

Negative Creep


ザクザク刻んで徐々に興奮させてから、大爆発!
すげえいいギター!
正に、商業お構いなしの音楽をやっていると感じるな。
そして、単純にすげえかっこいいぜ!


この「BLEACH」

若者が狭く汚い部屋に集まっては、夜な夜な世界中がぶっ飛ぶような「新兵器」を組み立ててるような、そんな感覚を感じるんだ。

オルタナティヴ・ロック、必聴の名盤だ!

元Nirvanaメンバーのバンドの楽曲

Ba.クリス・ノヴォセリック(Krist Novoselic)
Dr.デイヴ・グロール(Dave Grohl)

彼らが、Nirvana解散後に結成したバンドの楽曲を載せるぜ。
またの機会に、特集の記事を書こうと思う。

Foo Fighters「For All The Cows」


上質な「静と動」だな。
この1stアルバム、特に大好きなんだわ。
しっかりと、Dave節だ。才能あるわ、やっぱり。

Sweet75「Fetch」


いいサウンドだと思う。グラマラスな声も良い。
Yva Las Vegas(イヴァ・ラスヴェガス)
というストリート・シンガーと組んで結成。

クリスはギターを担当している。
残念ながら、アルバム一枚をリリースし解散してしまっている。
Foo Fightersが好きという人より、このバンドが好きという人とマックで話をしたい(笑)

まとめ

Nirvanaは、「Black Flag」「Melvins」etc.の音楽的DNAを受け継ぎ生まれ、90’sオルタナティヴ・ロックの象徴となった。

Nirvanaは、世界中の素晴らしいロックバンド達の中で、未だ色褪せる事なく輝き続けていると感じる。

「BLEACH」は、そんな彼らの生み出した、「反主流」的な作品と感じられ、魅力的。そして、直感的にかっこいい。

カート亡き後のメンバー達も、素晴らしいロックを生み出している。

スポンサード リンク