Deftones「White pony」必聴!極上のオルタナティヴ・メタルだ!

オルタナティヴ

今回は、Deftones「White pony」のレビューだぜ!

上質なサウンドで奏でられる、非常にエモーショナルなオルタナティヴ・メタル。

これも、必聴のアルバムだと思う。

Deftones(デフトーンズ)とは?

Vo.チノ・モレノ(Chino Moreno率いる、 アメリカのロックバンドだ(1988~)。

Deftones ‎PV「Be Quiet and Drive (Far Away)」より

これまでリリースしたアルバム「アドレナリン」「アラウンド・ザ・ファー」「ホワイト・ポニー」3枚でプラチナディスク、およびセルフタイトルの「デフトーンズ」ゴールドディスクを獲得するなどの実績を誇る。
2001年度『グラミー賞』受賞。

(中略)
ニュー・メタルからエクスペリメンタル・ロック(実験音楽)などにカテゴライズされる独自の音楽性が特徴で、その耽美かつ先鋭的なサウンドからしばし「ヘヴィ・ロック界のレディオヘッド」の異名を取る。

評論家たちはよく彼等の音楽を「近年で最もユニークなロック・バンドの一つ」「革新的で空間的な音楽」と賞賛する。

引用:Wikipedia

革新的・空間的な音楽…

本当にそうだと思う。
まこと、そのようなサウンドを放つ堪らないバンドだと感じる。

Deftones「White pony」オルタナティヴ・メタルの必聴アルバムだ!

興奮無しに紹介出来ない、大好きなレコードだ。

「White pony」2000,3rd


「オルタナティヴ・メタルとしての高い殺傷力」
…は勿論。

「重厚なグルーヴ」

「空間の広がりを感じさせるサウンド」

「歌唱・サウンドから醸し出される高い精神性」

…を感じる。

Gt.ステファン・カーペンター(Stephen Carpenter)の堪らないギターが果たす役割は絶大だと感じる。
本当に、良いギターを弾く。

胸に起こる、えも言われぬ感覚と興奮。

この作品が、高く評価されているのも納得だ。

必聴アルバムだぜ!

Deftones「White pony」収録曲のYouTube動画!

必聴の本作から、数曲 動画を載せるぜ!

Feiticeira


アルバム一曲目からコレだ!
何と緊迫感のあるかっこいいイントロだ!

続けざまに、Chino Morenoの伸びやかな歌唱と「グワ~」っと広がるサウンド。
すぐさま、アルバムの世界に引き込まれてしまう。

Street Carp


この叩きつけられる暴力的リフ!アドレナリン大放出だ!
そして、やはりChino Morenoのウェットで美しい歌唱との組み合わせが最高なんだよな。
PVの世界に入って、なりふり構わず暴れたい。

Knife Party


初っ端のギターサウンドの時点で、何ともエモーショナルだ。
堅牢なボトムの上で、「ザーッ」と響くギター。
この暗い空気感の中、一瞬の閃光の如く叫ばれる「so go get your knife」
「痛々しいような、甘酸っぱいような」そんな複雑な気持ちにさせられる。
そう、心が動くんだよ。

Change(In The House Of Flies)


凝った短いリフレインなどは殆ど無く、シンプルで重厚な旋律が繰り返される。
それを背景に、Chino Morenoの歌唱が映える。
著者は、この曲をソファーにだらしなく座りながら、大音量で聴くのが好きなんだ。
堪らん。

まとめ

Deftones「White pony」は、堅牢なリズム隊、堪らないギターと歌唱で奏でられる、「強い殺傷力」と「高い精神性」を感じさせるサウンドを聴かせてくれる。

・世界的に高い評価を受けるDeftones。本作品も、それが納得出来るハイクオリティーな超かっこいいアルバムである。

「空間の香り」を変えるバンド。大好きだ!ステレオの前で、大音量で聴いてみてくれ。

Deftonesの他の特集記事も用意しているから、そちらも見てみてくれよな!

スポンサード リンク